激震・コンコルディアFG「残る官依存、自立道半ば」

2018/6/29 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「徹底して議論してもらうことに尽きる」。金融庁監督局長、遠藤俊英(59)は3月、コンコルディア・フィナンシャルグループ(FG)で起きた「脱・天下り」の人事騒動を冷静に見ていた。遠藤も社長の寺沢辰麿(71)も同じ旧大蔵省キャリア組。同根とみられることも、金融庁が人事介入していると映ることも得策ではない。

金融庁が求めた「徹底した議論」を、コンコルディアは額面通り受け止めなかった。公的資金がいまは入…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]