アローセブン、設備の軸受け 異常を監視
(わが社の一押し)

2018/6/29 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

工場設備の異常をいち早く察知――。人手不足の中で、熟練従業員の力に頼っていたこんな仕事も自動化が進む。無線システム開発のアローセブン(浜松市)は、生産設備に多いベアリング(軸受け)の異常を検知するシステムを開発した。東レの三島工場(静岡県三島市)が3月に導入したのを機に拡販を狙う。

新システムは設備にマグネットで貼り付ける振動センサーや弁当箱大のケースに収めた電子回路、無線アンテナで構成。センサ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]