2018年9月22日(土)

小橋工業、米国の農業スタートアップと提携
IoT活用へ共同研究

自動車・機械
中国・四国
2018/6/28 20:04
保存
共有
印刷
その他

 農業機械製造の小橋工業(岡山市)は28日、米カリフォルニア州の農業関連スタートアップ、Kakaxi(カカシ)社と資本業務提携を結んだと発表した。カカシ社は圃場を遠隔監視できるセンサー付きカメラを開発・販売している。今後はあらゆるものがネットにつながるIoTの技術を農業や農機具で活用させるため、共同研究を進める方針だ。

カカシ社が開発・販売している通信機能内蔵のセンサー付きカメラ

 スタートアップや中小企業の支援を手掛けるリバネス(東京・新宿)が仲介した。締結は5月25日付で、小橋工業の出資額は非公表。

 カカシ社が開発した同名のセンサー付きカメラは通信機能を内蔵しており、センサーで感知した圃場の天気や気温、画像をリアルタイムで送信できる。太陽光発電パネルを搭載しており、電源が必要ない。大規模農場の遠隔管理に活用できるほか、消費者に届けることで農産物の安全・安心にもつながるとしている。

 小橋工業はトラクターに接続して田んぼで水と土を混ぜてならす代かき機や、田んぼで水が漏れないよう周囲を泥で塗り固めるあぜ塗り機などを手掛けている。カカシ社の技術を応用して自社の機械に採用することで、農機具の付加価値を向上させる考えだ。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報