衣笠祥雄さんお別れの会開催 地元企業経営者ら参列

2018/6/28 20:02
保存
共有
印刷
その他

「鉄人」と呼ばれた元広島東洋カープ選手の衣笠祥雄氏のお別れ会が28日、広島市内で開催された。球団関係者や一般人など約3000人が参列し、献花した。参列者は、会場に展示された追悼写真や映像を見て回り、多大な功績を残した故人に思いをはせた。

球団関係者や地元経済界関係者らが参列した(28日、広島市内)

地元経済界からも多くの経営者らが参列した。広島銀行の部谷俊雄頭取は野球少年時代、衣笠氏と同じサードポジションだったこともあり「大好きな選手。カープが初優勝したときの喜びは鮮明に覚えている。本当に残念だ」と故人との別れを惜しんだ。もみじ銀行の小田宏史頭取は「僕らが野球を始めたころのカープの顔。野球が大好きになるきっかけを作ってくれた人だった」と振り返った。

広島商工会議所の深山英樹会頭は「会場に展示された大きな写真、姿を見て改めて偉大な選手だったと実感した」と話した。中国電力の清水希茂社長は「けがをしていても常に全力のフルスイングを見せてくれた」と印象を語る。亡くなる直前まで野球解説の仕事をしていたことにも触れ「まさに野球人生を貫いた人だ」と故人をたたえた。

衣笠氏は4月23日に上行結腸がんで亡くなった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]