2019年3月22日(金)

大丸松坂屋百貨店、20年11月に新商業施設 名古屋・栄に

2018/6/28 19:45
保存
共有
印刷
その他

大丸松坂屋百貨店は28日、名古屋・栄地区で2020年11月に新たな商業施設を開業すると発表した。目抜き通りの大津通と広小路通の交差点にある「日本生命栄町ビル」跡地(名古屋市中区)に建設される新ビルに出店する。土地・建物を所有する日本生命保険とこのほど合意した。ビル全体を賃借し、テナントを誘致する。

新ビルは20年に完成予定で、地上6階・地下2階建てで延べ床面積は6343平方メートル。施設名は未定という。大丸松坂屋百貨店は募集するテナントについて「ファッションに限定せず、美容・健康関連サービスなど幅広く検討する」とする。

付近には松坂屋名古屋店や、グループの名古屋パルコもある。新商業施設はこうした店との回遊性を高める考えで、「栄地区のにぎわいと集客力の向上に資する施設として開発する」という。

28日に発表した松坂屋名古屋店の2018年3~5月期の売上高は前年同期比2%増の275億円だった。訪日外国人の購入が増え、免税品が37%増と販売を伸ばした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報