/

この記事は会員限定です

関西の異業種が瞳孔測定装置、ウラタニ・ラボなど3社

[有料会員限定]

金属加工のウラタニ・ラボ(大阪市)など関西の異業種3社は医療機関向けに、瞳孔をカメラで撮影して大きさを計測する装置を開発した。医療の現場では脳神経が正常に機能しているかなどを調べる際に瞳孔を観察しており、従来のペンライトと定規を併用する手法に比べ、より簡単で正確に測定できるのが特徴。8月にも販売を始める。

ウラタニ・ラボと三晃カメラ商会(神戸市)、ヴォルテック(神戸市)の3社が東大医学部付属病院の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り792文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン