2018年11月16日(金)

米欧の断裂 「最悪」への覚悟  本社コメンテーター 菅野幹雄

菅野 幹雄
Deep Insight
本社コメンテーター
2018/6/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米欧関係の危機をここまで率直に記した文書は見たことがない。

「最悪のシナリオに備えなければならない」。欧州連合(EU)首脳会議を前にポーランド出身のトゥスクEU大統領が27日に域内首脳に出した書簡は、トランプ大統領が率いる米国との著しい緊張関係をこう表現した。

7カ国(G7)首脳会議(シャルルボワ・サミット)を早退しながら、欧州各国や議長国カナダの批判に憤って首脳宣言への署名を拒んだトランプ氏。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

菅野 幹雄

本社コメンテーター

世界経済・米欧政治

東京、ベルリン、ロンドンで経済・政治を取材。脱デフレの財政・金融政策、ユーロ危機やEU動乱を報じた。18年春からはワシントンで「トランプの米国」が揺さぶる世界秩序の変貌を追う。著書に「英EU離脱の衝撃」。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報