/

この記事は会員限定です

市場が気にする政治の秋 経験則では11月以降に株高も

証券部 関口慶太

[有料会員限定]

米中貿易摩擦への懸念が重くのしかかるなか、28日の日経平均株価は一時2万2000円割れに迫った。底流には秋に控える2つの選挙への不安がある。米中間選挙と自民党総裁選だ。日本株は政治不安への耐性がことさら弱く、反転の時機を探るには時間がかかるとの見方が増えている。

「今週前半は米国からまとまった買いがはいってきたが、足元は上場投資信託(ETF)に絡む売りが目立つ」。ある外資系証券トレーダーは話す。強...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1020文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン