2018年9月22日(土)

豊田通商など、トラック「隊列走行」実験
車間10メートルで自動走行

ネット・IT
自動車・機械
2018/6/28 16:40
保存
共有
印刷
その他

 豊田通商などは28日、トラックが隊列で自動走行する実証実験を茨城県で報道陣に公開した。先行車の加減速などを後方の車が把握し、約10メートルの車間距離を維持しながら最大時速約70キロメートルで走る。物流業界の深刻な人手不足を受け、解決手段として自動隊列走行が注目されている。2020年には高速道路で無人で後方車が隊列走行する技術の確立を目指す。

有人運転する先頭トラックの動きに合わせて無人の後続車両が走行する(茨城県つくば市の産業技術総合研究所つくばセンターつくば北サイト)

 実験は茨城県つくば市にある産業技術総合研究所のテストコースで実施している。経済産業省などの事業を豊田通商が受託。自動運転技術のベンチャーである先進モビリティ(東京・目黒)、日野自動車なども参加して技術開発を進める。

 28日に報道陣に公開したのは「後続車無人隊列走行技術」の実験だ。人が運転する先頭のトラックに2台のトラックが自動で追随して走る。後方2台の車両の運転席には安全のため人が乗っているが、アクセルやブレーキに加え、ハンドルの操作もすべて自動でこなす。

 この日は全周3キロメートル強のコースをトラックが走行。最大時速で約70キロメートルまで加速しながら先頭車が車線変更すると、10メートルの車間距離を維持しながら、スムーズに後方車が着いていった。先頭車が急ブレーキをかけると後方も同様に減速し、車間を維持して止まった。

 今回の実験では通信で先行車の制御情報を受信し、加減速を自動で行う「CACC」という技術が採用されている。これにより車間距離を一定に保つことができる。さらに高精度の全地球測位システム(GPS)、ライダーでの認識で前方車両の横の動きに合わせてハンドルを自動で操作する技術も加えている。

 豊田通商などは1月に先行車に合わせて後方車が加減速する隊列走行の実験を高速道路で行っている。来年1月にはハンドル操作も自動でこなす今回の技術を公道で実証実験する。20年には後続車両の運転席に人が乗らない無人の隊列走行を実現し、22年には実用化を目指す。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報