/

この記事は会員限定です

眼科検査装置にみる技術革新 ベストな産学連携を

科学記者の目

[有料会員限定]

レーザーを用いて網膜など目の内部を調べる「光干渉断層法」(OCT)は、眼科検査装置分野で一大変革を起こした。基本的な原理は山形大学の研究から生まれたが、製品化では海外企業に出遅れた。この技術の革新性に着目した内外の研究グループから新たなOCT応用検査装置が登場し、トプコンなど日本勢も巻き返している。イノベーションをいかにして起こすか、イノベーションを継続するために必要な策は何か、OCTの研究はそのよいお手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1954文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン