/

この記事は会員限定です

日仏協力の「高速炉」開発、縮小表明でブレーキ

ニュースな科学

[有料会員限定]

日本が研究開発で協力するフランスの次世代原子炉「ASTRID(アストリッド)」計画の先行きが見通せなくなってきた。仏政府が建設コスト増を理由に規模の縮小方針を表明したからだ。高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県)の廃炉を決めた日本は、今後の研究開発にアストリッドのデータを活用する方針だった。原子力政策の柱と位置づける「核燃料サイクル」は高速炉の実用化を柱としており、影響は必至だ。

原子力発電所はウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1486文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン