関西発「スポーツCAFE」

フォローする

阪神、若者呼び込め ファン高齢化に危機感
ヤジ封印、応援マナー向上狙う

2018/6/29 6:30
保存
共有
印刷
その他

阪神は2017年度、主催試合の年間入場者数が300万人を超え、12球団トップの座を6年ぶりに奪還した。しかし、足元ではファンの高齢化という危機が忍び寄る。球団は本拠地・甲子園球場に女性や子どもを呼び込み、新たなファンに育てようと懸命に取り組んでいる。

試合開始直前の甲子園球場。スコアボードのビジョン映像で、球団OBの桧山進次郎氏が来場者に語りかける。

「声援って本当に選手の力になるんですよ。でも…

関西発「スポーツCAFE」をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

関西発「スポーツCAFE」 一覧

フォローする
藤川は昨夏以降、セーブがつく場面で結果を残し続け、再びクローザーの座を固めた共同

 投手の分業制が確立したプロ野球では、救援投手が勝負のカギを握るケースが多い。なかでも試合を締めくくるクローザーの責任は重い。阪神ではその役を経験豊かな藤川球児(39)が担う。優勝争いに好クローザーあ …続き (2/9)

昨年11月、契約更改後の記者会見で笑顔を見せる吉田正=共同共同

 身長173センチ、体重83キロ。プロ野球選手の中で最も小柄な部類のオリックス・吉田正尚(26)だが、体がねじ切れるほどのフルスイングを見せる。ここ2年連続で打率3割をマークした“小さな大打者”は、入 …続き (1/12)

左腕から150キロ超の速球を投げる高橋は大きな飛躍の可能性を漂わせる共同

 プロ野球解説者らの指導欲をそそる若手が、どの球団にも何人かいる。ここを少し手直しすると大飛躍すると思わせる。阪神の2年目左腕、高橋遥人(24)もそのひとり。秋季キャンプで山本昌臨時コーチ(元中日)を …続き (2019/12/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]