/

この記事は会員限定です

競争戦略としてのESG 次の焦点は「プラスチック」?

アジア総局編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

世界の主立った機関投資家と話していると、社会主義思想でいう社会改良家の集会に参加しているような感覚になることがある。

米欧の主要公的年金などから成る国際コーポレート・ガバナンス・ネットワーク(ICGN)が6月下旬にイタリア・ミラノで開いた年次総会でもそんな機会があった。公式、非公式の議論で企業の環境・人権問題への取り組みと情報開示のあり方などを耳にした。

もはや「ESG」(環境・社会・ガバナンス)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン