一枚上手の相撲論(浅香山博之)

フォローする

白鵬の張り手やかち上げは禁じ手か

(2/2ページ)
2018/7/6 10:46
保存
共有
印刷
その他

白鵬が横綱で、しかもあれだけ強いからこそ批判されてしまうのかもしれないが、なぜ無策で敗れる若手に厳しい目が向かないのかと疑問に感じる。「なぜ横綱に立ち向かっていかないんだ」「なぜもっと稽古をしないのか」と若手の尻をたたく人がいない。白鵬が張り手やかち上げばかりやるのだったら、それに負けないくらいの体をつくり上げて当たりの強さを磨く。立ち合いの対策も練る。白鵬に「張り手やかち上げをやっていたら、もう勝てないかもしれない」と危機感を覚えさせるほど、下から突き上げていかないと世代交代は起きないままだ。先場所は24歳の阿炎が白鵬を一気に押し出して金星を挙げた。白鵬が張り手やかち上げをできないくらいの鋭い立ち合いだった。あのように臆することなく思い切って攻め込んでいけば、白鵬相手に勝てることだってある。ほかの若手力士にもできるはずだ。

先場所6日目、阿炎(左)に押し出しで敗れた白鵬=共同

先場所6日目、阿炎(左)に押し出しで敗れた白鵬=共同

プロとして気持ちで負けぬように

場所前の稽古では、近年はずっと横綱が稽古相手を求めて出稽古している。自分もそうだったが、本来は下の者が強くなるために、横綱ら上位力士のもとへ出向いて胸を借りるもの。考えられない状況がずっと続いている。昨年の冬巡業にいったが、ある20代の幕内力士は巡業の序盤で「いま調整しています」と言って稽古をしなかった。巡業が終盤になってもまだ稽古していないものだから、ある親方から「おまえはいつまで調整しているんだ」と雷を落とされて、ようやく稽古をするようになった。

ベテランともなればガツガツした稽古はできないと思うが、20代の若手は日ごろから追い込んだ稽古をしないといけない。稽古が足りずに体が弱くなっているから、番付を上げてもすぐにけがをして上位に定着する力士があまりいない。そして白鵬の張り手やかち上げに一発で負けてしまう。体もそうだが、プロとしてもっと自覚を持って気持ちでも負けないこと。若手は強い横綱がいるからこそ倒してやるという気概で、闘志を前面に出してほしい。

(元大関魁皇)

一枚上手の相撲論(浅香山博之)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

一枚上手の相撲論(浅香山博之) 一覧

フォローする
7月場所で師匠の伊勢ケ浜親方(左)から優勝旗を受け取る照ノ富士(日本相撲協会提供)=共同共同


 13日に初日を迎える大相撲秋場所(両国国技館)で、先場所優勝を果たした照ノ富士は東前頭筆頭まで番付を上げた。両膝のけがや病気を乗り越え、再入幕の場所で見事に優勝を遂げた姿には驚かされた。世の中で挫折 …続き (9/11)

7月場所に向け、幕下以下の力士と稽古する朝乃山(日本相撲協会提供)=共同共同

 19日に両国国技館で初日を迎える大相撲7月場所で、4カ月ぶりに相撲の日常が戻ってくる。新型コロナウイルスの影響で夏場所が中止となり、我慢の日々を過ごしてきた力士や関係者にとっては待望の本場所だ。都内 …続き (7/17)

引退会見する元大関豪栄道。右は境川親方(1月29日)=共同共同

 大相撲春場所は8日、エディオンアリーナ大阪で初日を迎える。新型コロナウイルスの影響で観客不在という異例の環境に注目が集まる中、それぞれの力士は様々な思いを持って場所に臨む。先場所限りで大関豪栄道が引 …続き (3/6)

ハイライト・スポーツ

[PR]