2018年9月22日(土)

空き家不安、地震で増幅 二次被害懸念 所有者特定に壁
大阪北部地震

大阪で震度6弱
2018/6/28 12:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 大阪府北部で震度6弱を観測した地震は、空き家対策に関する都市部の課題を浮かび上がらせた。人口減や核家族化の視点で議論されがちだが、地方に比べて住宅の密集度が高く、余震による二次被害の危険性は大きい。被災自治体は損傷状況の確認を急ぐが、所有者の特定は容易ではない。空き家は全国で800万戸以上あり、専門家は「災害が起きる前に、解体などの対策を進める必要がある」と指摘する。

 震度6弱を観測した高槻市。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報