セクハラ対策、国内主要企業の9割超が強化
セクハラ・ゼロへの道

2018/6/29 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の経営トップのセクシュアル・ハラスメント(セクハラ)への意識が高まっている。日本経済新聞社の「社長100人アンケート」でセクハラに関連する質問項目を加えたところ、「対策を強化している」との回答が85.5%に達した。「これから強化する」は2.1%、検討中も5.5%あり、合計で9割を超える企業がセクハラ対策を強化するか、検討していることが分かった。

■セクハラは「経営リスク」

アンケートは国内主要…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]