/

この記事は会員限定です

LNG 春夏に異例の高値 スポット、3カ月で5割上昇

[有料会員限定]

発電燃料に使う液化天然ガス(LNG)のアジアのスポット(随時契約)価格が高値圏で推移している。例年は暖房需要が膨らむ冬に上昇し、寒さが緩むと弱含むことが多いが、4~6月の直近3カ月間で5割上昇した。環境対策を急ぐ中国の需要が旺盛なうえ、欧州の天然ガス価格の高止まりが波及しているとの見方もあり、季節変動が薄れつつある。

LNGのスポット価格は現在、100万BTU(英国熱量単位)あたり10ドル台半ば。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り652文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン