/

21LADY社長に米道氏 広野前社長の選任議案否決で

洋菓子チェーン「ヒロタ」を運営する21LADYは27日、米道利成取締役(52)が社長に就任したと発表した。同日開いた株主総会で、総会前まで社長を務めていた会社提案の広野道子氏(57)の取締役選任議案が否決され、事実上解任。総会後の取締役会で米道氏が新社長に選ばれた。

会社側は米道氏を社長に選んだ理由について「社外取締役を務めていたことから事業を把握しており、食品業界における経営の経験を有している」としている。

米道 利成(よねみち・としなり)89年(平元年)山一証券入社。15年メディカルクリエイト取締役、17年21LADY取締役。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン