/

南スーダン内戦で和平合意 トップ会談、近く停戦へ

【ナイロビ=共同】2013年12月から続く南スーダン内戦をめぐり、キール大統領と亡命中の反政府勢力トップ、マシャール前第1副大統領が27日、隣国スーダンの首都ハルツームで会談し、和平に合意した。近く停戦するという。ロイター通信がスーダン外相の話として報じた。

ただ、政府軍と反政府勢力はこれまで何度も停戦に合意したが、戦闘が再燃し破綻した。今回の合意で早期に和平が実現するかは不透明だ。

キール氏とマシャール氏は隣国エチオピアで20~22日、16年7月に戦闘が再燃して以降初めて会談したが、和平協議は難航し、スーダンで再会談が設定されていた。国連安全保障理事会は今月30日までに戦闘を停止しない場合は高官らに制裁を科すと警告していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン