/

この記事は会員限定です

米、票目当ての「裏庭」たたき ベネズエラへ圧力で移民取り込み

戦略なき外交、中ロにスキ生む

[有料会員限定]

5月の大統領選で独裁体制を確立した南米ベネズエラに米政権が経済制裁で圧力を強めている。「裏庭」の反米政権は国益を損ねるというのは建前で、背景にはヒスパニック(中南米系)票の獲得を狙う与党共和党の有力議員の存在がある。選挙目当てで外交が振れる米国の現状が浮かび上がっている。

「マドゥロ政権下で苦しむベネズエラ国民への関与を続ける」。トランプ大統領は5月21日、前日に大統領選を強行したベネズエラに対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1372文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン