/

この記事は会員限定です

デザイナーとタッグ 金型メーカーがBtoC参入

関西共創 扉開く町工場(中)

[有料会員限定]

細長い金属板をらせん状に組みあげた円柱タイプの器の上部から、ゆらゆらと煙が立ち上る。変わった形のお香立てを開発したのは、1974年設立の金型メーカーの中辻金型工業(大阪府東大阪市)だ。金型の部品などになるバネをモデルにした。工業部品を現代風のインテリアに生まれ変わらせた。

「職人が『自分がつくった』と誇れるものを売りたかった」。総括部長の戸屋加代氏(39)はきっかけをこう説明する。同社の主力製品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1126文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン