創業家は残るべきか退くべきか 出光・昭シェル統合

2018/6/27 18:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

出光興産と昭和シェル石油の統合は創業家がどこまで経営に関与し続けるべきかという課題を投げかけた。特定の「正解」があるわけではなく、ケース・バイ・ケースで考えないといけないテーマだ。自動車業界一つとっても創業者の孫にあたる豊田章男社長の率いるトヨタ自動車もあれば、ホンダ創業者の本田宗一郎氏のように「世襲」を嫌い、自分の子供を入社させなかった人もいる。

■豊田家は1%程度とも

今から40年前のことだが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]