/

「プルトニウム、大飯でも燃焼」関電社長が方針

記者会見する関西電力の岩根茂樹社長(27日、大阪市北区)

関西電力の岩根茂樹社長は27日の定例記者会見で、原子力発電所から出る使用済み核燃料の再処理で生じるプルトニウムを再び原発で燃やす「プルサーマル」について「大飯(原発、福井県おおい町)はまだ(国に)申請していないが1基ないし2基、プルサーマルにしたいと思っている」との考えを示した。

再稼働済みの大飯3、4号機と高浜原発(同県高浜町)3、4号機のうち、高浜原発の2基はプルサーマル対応している。原発を再稼働できていない大手電力はプルトニウムを多く抱えており、国は核不拡散の観点から別の電力会社による燃焼を促している。ただ岩根社長は他社分の受け入れについて「基本的に各社が努力をして各社のプルサーマルでやることだ」と消極的な見解を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン