2018年9月26日(水)

ワシントンホテルが被害 個人情報2.5万件流出

2018/6/27 17:55
保存
共有
印刷
その他

 ビジネスホテル「ワシントンホテル」などを全国展開する藤田観光は27日、外国語対応のサイトが不正アクセスを受け、30のホテルを予約した顧客の個人情報、約2万5千件が流出したと発表した。そのうち約1万件には、暗号化されたクレジットカード情報も含まれていた。

 ホテルモントレ、阪急阪神ホテルズもそれぞれ約2万6千件、約7600件の情報流出を発表した。サイトの運営委託先のフランス企業「ファストブッキング」のサーバーが不正アクセス被害に遭ったことが原因。

 ほかに「リッチモンドホテル」を展開するロイヤルホールディングス、東京ドームホテル、セルリアンタワー東急ホテルも被害を公表した。ファストブッキングによると日本国内の計401施設で約32万件の個人情報が流出した。〔共同〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報