2018年11月19日(月)

中北浩爾・一橋大教授「二大政党制、難しいなら官邸主導見直しを」

2018/6/28 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

――首相官邸の力が強くなりました。

「自民党は2012年に政権を奪還し、13年の参院選にも勝利したが、当時は安倍政権がどこまで続くか政も官も半信半疑だった。だが集団的自衛権の閣議決定後の14年の衆院選で勝って変わった。政権が長期化するという見通しが強まり、おごりや忖度(そんたく)が生じた。森友・加計学園など一連の問題は14年末以降に発生した」

――野党の弱さは官邸の強さにつながりますか。

「野党…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報