/

この記事は会員限定です

メキシコ、連邦議会選も新興左派が第1党の勢い

大統領選でも同党候補が独走態勢

[有料会員限定]

【メキシコシティ=丸山修一】メキシコでポピュリズム(大衆迎合主義)の新興左派政党が勢いを増している。7月1日投開票の大統領選では同党の候補が支持率で独走し、同日の連邦議会選でも上下両院でそれぞれ第1党に躍り出る可能性が出てきた。行政府、議会を掌握すれば年金支給額の引き上げをはじめ財政規律を軽視する政策に歯止めがきかず、市場を揺るがしかねない。

「大統領選の勝利だけでない。上院でも下院でも過半数の議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン