/

この記事は会員限定です

香港、解けぬ住宅問題 官民が責任押し付け合い

[有料会員限定]

香港の黄慧珠(56)さんは4年前に離婚して路頭に迷った。清掃員として働き、9千香港ドル(約13万円)の月収を得ているが、住むところがない。ようやく探し当てたのは「棺屋」と呼ばれる極端に狭いアパートだ。広さは3畳半ほどで、ベッドと物入れしか置けない。アパートの一室を小部屋に分割しており、トイレの中に台所がある。

香港政府によると、こうした狭小アパートは香港に約9万3千室あり、20万人以上が劣悪な環境...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り947文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン