/

この記事は会員限定です

都の禁煙条例が揺らす、水たばこの「紫煙」

[有料会員限定]

中東発祥の「水たばこ」がにわかに注目を集めている。たばこの煙が苦手な人でも楽しめるほか、異国趣味にあこがれる若者を魅了する。一方、国や東京都が受動喫煙対策を進め、紙巻きたばこは吸いづらくなっている。規制をきっかけに、水たばこは「喫煙難民」たちの受け皿となって広がっていくのか。

東京都武蔵野市、吉祥寺にあるカフェ「はちグラム」。飲み物持ち込み自由、ソファや座敷でゆっくりくつろげる空間になっている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り936文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン