/

この記事は会員限定です

食品大手、中国ビジネス「我慢の限界」(日経ビジネス)

[有料会員限定]
日経ビジネス

苦戦する中国事業の見直しに動く日本の食品大手が相次いでいる。各社は時間をかけて巨大市場を開拓する戦略だったが、資本効率改善を迫られ、手を着けざるを得ない状況だ。

味の素が売却を検討するのは中華調味料や冷凍食品を展開するアモイ・フードだ。仏ダノングループの子会社だったが、2006年に味の素が273億円を投じて買収した。当時、味の素が手掛けた海外買収案件としては過去最大規模だった。

売却を検討しているかどう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ビジネス電子版セット

週刊経済誌「日経ビジネス」の記事がスマートフォン、タブレット、パソコンで利用できます。雑誌発行日の前週の水曜日から順次記事を公開。日経電子版とセットで月額650円OFFです。

お申し込みはこちら

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン