/

ネット振り込み障害 シマンテックが解消発表

(更新)

りそなグループや新生銀行など複数の大手銀行や地方銀行、信用金庫で27日午前9時ごろから、一時的にインターネットバンキングでの振り込みができない状態になった。米シマンテック社が提供するパスワードの入力システムで不具合が起きたためだが、同社は午後になって障害の解消を発表した。

障害が発生していることを知らせるりそな銀行のインターネットサイト(27日)

障害が起きたのは、りそなホールディングス傘下のりそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行と、新生銀行、セブン銀行、山口銀行など地銀、複数の信金などだ。パソコンやスマートフォン(スマホ)アプリでのネットバンキングで、振り込みに使う一時的なパスワードの入力ができない状態という。

りそなや新生は「銀行本体のシステムの不具合は起きていない」としており、ATMや窓口では通常通り取引できる。各行はホームページなどで顧客に告知し、ATMや窓口の利用を促した。メガ銀では同様の障害は起きていない。

りそなグループではネット経由で1日平均4万5千件の振り込みがあるという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン