/

この記事は会員限定です

中国勢、5Gのインフラ・サービスで提携加速

アジア最大の通信見本市開幕

[有料会員限定]

【上海=大西綾】アジア最大の携帯・通信機器の見本市「モバイル・ワールド・コングレス上海」が27日、開幕した。2019年に本格的な商用化を目指す次世代通信規格「5G」の覇権を巡って、中国勢は海外企業との提携などに動き出している。すでに5Gの規格は標準的な仕様へと統一されており、競争軸はサービスの開発力に移っている。

開幕に先立って開かれたイベント「5G サミット」では、中国通信大手、中国聯合網絡通信...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り839文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン