/

この記事は会員限定です

あすポーランド戦 会場のボルゴグラードは広島の姉妹都市

[有料会員限定]

【ボルゴグラード=大元裕行】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に臨んでいる日本代表は、日本時間28日午後11時から当地で、16強の決勝トーナメント進出を懸けてポーランドと対戦する。

ロシア南部のボルゴグラードは人口約100万人、旧市名はソ連時代の最高指導者スターリンの名を冠したスターリングラード。第2次世界大戦の激戦地として知られる。1942年、ソ連兵がボルガ河畔でナチス・ドイツ軍の侵攻に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り702文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン