2018年7月16日(月)

7/16 8:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 112円台で巨額のドル売り FX投資家の次の一手[有料会員限定]
  2. 2位: 国際会計基準の採用企業増加 時価総額で3分の1 海外M&Aの増加反映[有料会員限定]
  3. 3位: 株、景気への期待再び 長期拡大も「今回は違う」[有料会員限定]
  4. 4位: ROICが変える経営[有料会員限定]
  5. 5位: GAテクノの樋口社長「不動産売買、AIで効率化」[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,516,053億円
  • 東証2部 98,545億円
  • ジャスダック 104,440億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.31倍 --
株価収益率14.47倍14.93倍
株式益回り6.90%6.69%
配当利回り1.67% 1.71%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,597.35 +409.39
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,600 +390

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

7月13日(金)14:19

ウォルマート 西友売却「決定していない」[映像あり]

トランプ氏が英との貿易協定に難色 穏健離脱を批判

7月13日(金)13:00

[PR]

マーケットニュース

フォローする

株式長者は目利き役 膨らむ富、成長分野に投資
株主解剖(6)

2018/7/6 22:24
保存
共有
印刷
その他

 「ニッポン株式会社」の株主の実態を描いてきた「株主解剖」。最終回は起業で財をなした世界の株式長者を取り上げる。

 4月29日、米テキサス州西部で白いロケットが轟音(ごうおん)を響かせて上空に舞い上がった。ロケットを開発したのは、ブルーオリジン社。アマゾン・ドット・コム最高経営責任者(CEO)のジェフ・ベゾス氏が立ち上げた宇宙ベンチャーだ。

 3月には、スカパーJSATから人工衛星の打ち上げを受注したと発表。テスラCEOのイーロン・マスク氏率いるスペースXとともに、これまで政府が主役だった宇宙ロケットに革新をもたらしている。

 ベゾス氏はアマゾン株の約16%を保有する。保有株数に株価をかけて算出した推計時価で14兆8千億円にのぼるアマゾン株の一部を売却し、宇宙開発に突き進む。

 ネット時代の株式長者たちは、生み出した富をスタートアップ企業への投資や未知の技術の研究開発など次世代の成長分野に投じる。

 マスク氏はスペースXと並行して、米ロサンゼルスで地下空間を使った時速約240キロメートルの都市内交通システムの実現に取り組む。

 グーグル共同創業者でアルファベットCEOのラリー・ペイジ氏が挑戦するのは、「空飛ぶ自動車」の開発だ。

 いずれも創業の経験で培った目利き力と資金力をテコに、社会問題の解決を目指す。

 フェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグ氏とマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏は医療問題に取り組む。ザッカーバーグ氏はアルツハイマー病のような神経変性疾患の治療法確立に挑み、ゲイツ氏はマラリアやインフルエンザのワクチンを低価格で製造する手法に資金を提供する。ソフトバンクグループを創業した孫正義氏や、日本電産会長兼CEOの永守重信氏は、人材育成を目的とする財団のスポンサーを設立した。

 こうした挑戦を支えるのが、株価上昇に伴い、雪だるま式に膨らむ株式長者たちの資産だ。ベゾス氏など世界の株式長者上位10人の株式推計保有時価は、13年末に比べて倍増した。米MSCIの全株指数(17%高)に比べて、圧倒的な増え方だ。

 受け取る配当額も桁違いだ。オラクル会長のラリー・エリソン氏は前期、オラクル株の配当金で8億6000万ドルもの収入があった。

 中国人の台頭も著しい。騰訊控股(テンセント)CEOの馬化騰(ポニー・マー)氏の保有株の推計時価は4兆6千億円に達する。テンセントのほか、米国市場に上場する米バイオベンチャー、アテネックスの筆頭株主となっている。

 かつて世界の超富裕層は、もっぱら慈善活動や文化・スポーツ活動の支援などにお金をつかった。現代の株式長者たちは、時代の先を見抜く眼力と莫大な資産を武器に、起業を続けるシリアル・アントレプレナー(連続起業家)となっている。=おわり

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

新着記事一覧

読まれたコラム