2019年8月24日(土)

長野県財政、少子高齢化で厳しいかじ取り
検証 阿部県政2期8年

2018/6/26 22:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

この8年間の長野県人口と財政をみると、少子高齢化で社会保障費が膨張したことで予算編成の自由度は大きく低下した。人口は206万人台まで減り、厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所の試算では2025年には200万人を下回る。未来が描きにくいなかでどう道筋を付けるか、手探りが続いている。

「財政運営で一番大きな課題は社会保障関係費の増加。歳入・歳出の両面を改革しなければいけない」。阿部守一知事は県財…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。