東南アジアに特産品売り込み 青森県3市町

2018/6/26 22:00
保存
共有
印刷
その他

青森県むつ市、青森市、同県外ケ浜町はオカムラ食品工業(青森市)の協力を得て、地元産品の東南アジアへの販路拡大を図る。11月から12月にかけてシンガポールの有名日本食レストランで3市町の特産品を使ったメニューを提供する。オカムラ食品の関連会社で東南アジアに販売網を持つオカムラトレーディングが紹介するバイヤーと3市町の業者との商談会も実施する。

記者会見する小野寺晃彦青森市長(右から3人目)、宮下宗一郎むつ市長(同4人目)、山崎結子外ケ浜町長(同5人目)(26日、青森市役所)

11月11日には3市町長が有名日本食レストランでトップセールスを実施し、マグロの解体ショーを行う。青森銀行みちのく銀行も支援する。

オカムラ食品の岡村恒一社長は「シンガポールで認められればアジアに広がっていく。トレーディングは東南アジアに販売網を持ち継続的なビジネスが可能」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]