2018年11月15日(木)

日本食研、台湾と中国に調味料新工場 需要拡大に対応

2018/6/26 20:08
保存
共有
印刷
その他

調味料大手の日本食研ホールディングス(愛媛県今治市)は26日、台湾と中国に焼き肉のタレなど調味料を生産する工場を新設すると発表した。それぞれ2020年春、18年12月に稼働予定。台湾では初めての生産拠点となる。2カ所合計の初期投資額は60億円超。現地の調味料の需要拡大に対応する。

台湾に新設する工場の完成イメージ=日本食研ホールディングス提供

台湾では南部の嘉義県に現地法人の本社工場を新設する。敷地面積は1万7930平方メートル、延べ床面積は9620平方メートル。12月に着工し、20年春に稼働予定。初期投資額は約33億円だ。焼き肉のタレや空揚げ粉、天ぷら粉などを製造し、生産能力は年8000トン。

同社は台湾ではこれまで、台北など4カ所に営業拠点を設け、日本国内で生産した商品を輸出していた。担当者は「現地生産に切り替えることで、台湾の市場に合わせた柔軟な商品開発や生産量の調整ができる」としている。

また中国では、江蘇省南通市に現地法人の本社工場を建設する。同国では別の現地法人の本社工場に続く2カ所目の生産拠点で、既存工場の生産余力が少なくなっていることに対応する。台湾工場と同じくブレンド調味料を製造する。生産能力は同社の海外工場で最大規模の年2万5000トンとする。

敷地面積3万3270平方メートルで、延べ床面積1万4030平方メートル。初期投資額は約30億円。すでに着工しており、12月の稼働を目指す。

日本食研は海外の販路開拓に力を入れている。米国や英国、韓国など8カ国・地域に33拠点を展開する。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報