2018年9月23日(日)

米、中東和平へ見えぬ道筋 アラブ諸国に仲介依頼
イスラエル寄り鮮明 パレスチナは反発

トランプ政権
中東・アフリカ
北米
2018/6/26 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 【ワシントン=中村亮】イスラエルとパレスチナの和平交渉の再開に向け、トランプ米政権のアラブ諸国頼みの姿勢が鮮明になってきた。在イスラエル米大使館のエルサレム移転などでパレスチナとの対話ルートが断たれたためだ。トランプ政権は今夏にも和平案を発表する見通しだが、自らのイスラエル寄りの姿勢がパレスチナの反発を招いただけに、交渉再開のめどは立っていない。

 トランプ米大統領は25日、米ホワイトハウスでヨル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報