2018年11月17日(土)

グローバルで競争力強化、国内車両をEV化 NTT社長

IoT
モバイル・5G
2018/6/26 18:00
保存
共有
印刷
その他

NTTの澤田純社長は26日に都内で就任会見を開き、秋にも発表する中期経営計画の骨子を発表した。次世代通信「5G」のサービスなどで顧客のデジタル化を支援するほか、海外事業にも力を入れることなどが柱だ。澤田社長は米国や中国が5Gの技術革新を競っていることを念頭に、「グローバルで競争力を強化したい」と述べた。

米国では通信大手のAT&Tがタイムワーナーを買収するなどコンテンツとの垂直統合が進む。これについて澤田氏は「垂直統合はモデル的には古い。企業向けのIT(情報技術)サービスを提供することでパートナーと領域を広げていきたい」との考えを示した。海外のライバルとして「デロイトやアクセンチュア、IBM」を挙げた。

地球環境に配慮した経営も中計の柱の一つだ。2025年までに、グループが保有する車両(工事用を除く)1万1千台の半分を電気自動車(EV)に変えてコストを15%削減する。澤田氏は「30年には100%のEV化が可能」と述べた。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報