/

野党6党派、児童虐待防止法改正案を提出

立憲民主党など野党6党派は26日、東京都目黒区で5歳女児が死亡した児童虐待事件を受け、対策を盛り込んだ法案を衆院に提出した。児童の保護や調査を担う専門職である児童福祉司について2017年4月に約3250人だった配置数を19年度末までに約4750人に増やす計画が柱。児童相談所の非常勤職員の待遇改善なども定めた。

政府案では、19年度末の児童福祉司の配置数は約3480人。国民民主党の岡本充功衆院議員は記者会見で「政府の強化プランではまだ足りない」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン