/

この記事は会員限定です

NT倍率高騰の怪 「株価二極化」は新常態か

証券部次長 川崎健

[有料会員限定]

米中貿易摩擦の行方を世界のマーケットが固唾を飲んで見守る中、日本株市場ではある指標の異変が話題を呼んでいる。日経平均株価を東証株価指数(TOPIX)で割った「NT倍率」の高騰だ。先週に19年ぶりの水準をつけた後も高止まりしたままだ。参加者たちはヘッジファンドや日銀などつり上げた主体を噂し合うが、理由は別のところにある。

「当然見ていますよ。なかなか下がらないんで気持ち悪いなってみな言ってますね」。朝安...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1797文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン