米不法移民の親子、実際は引き離されず 拡散の写真が波紋

2018/6/26 16:44
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】米国境で引き離される不法移民として報じられた写真の親子が、実際には引き離されていなかったことがわかった。米メディアが報じた。写真はトランプ米政権の不法移民政策への批判が広がる発端となっただけに、波紋を呼んでいる。

写真はメキシコと南部テキサス州の国境付近で女児が母親と別れて泣き叫ぶ場面とされ、米誌タイムが表紙に載せるなどメディアやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で世界中に広がった。ただ実際には親子は引き離されず、同じ施設に移送されたことを女児の父親やホンジュラス当局が確認したという。

写真を巡っては、英国のメイ首相が「(親子分断は)間違っている」と指摘し、カナダのトルドー首相もトランプ氏を批判。引き離された親子を再会させるための移民支援団体の募金には2千万ドル(約22億円)を超える寄付が集まった。

相次ぐ非難を受け、トランプ氏は20日、親と子を同一施設に収容するよう指示する大統領令に署名し、事態の収拾にあたっていた。サンダース米大統領報道官は、メディアが自らの主張のために写真を利用したとして「恥ずべきことだ」と批判した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]