2018年11月18日(日)

「ハーレー・ショック」で波紋 トランプ関税、企業戦略妨げに

2018/6/26 14:39 (2018/6/26 22:16更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=中山修志、シリコンバレー=白石武志】米国がしかけた貿易摩擦が巡り巡って自国の産業界を苦しめている。二輪大手ハーレー・ダビッドソンは、欧州向けの生産を海外に移すと表明。ゼネラル・モーターズ(GM)など自動車各社も中国産部品への関税増に懸念を強める。企業が最も嫌うのは事業環境の先行きが不透明なことだ。「このままでは投資を決断できない」――。貿易摩擦の帰結点が見えないなか産業界が身を縮…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報