/

プリンスホテル、顧客情報が12万件超流出 不正アクセスで

プリンスホテルは26日、同社が運営する外国語のホテル予約サイトが不正アクセスを受け、約12万5千件分の顧客情報が流出したと発表した。このうち約6万7千件はクレジットカードの番号や名前などの情報だった。午後から小山正彦社長が都内で記者会見し、詳細を明らかにする。

プリンスホテルによると、同社の外国語サイトは英語、中国語(繁体、簡体)、韓国語に対応しており、利用者の大部分は外国人という。

サイトの運営委託先企業が21日、各ホテルスタッフ向けの管理画面上で情報流出の疑いがあるとの警告文を表示。委託先企業がプリンスホテル本社に正式に連絡したのは22日だったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン