フィリップスと東北大、企業も巻き込み病気予防

2018/6/26 12:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医療機器大手のフィリップス・ジャパン(東京・港)が大学や医療機関との協業を広げている。26日には東北大学との提携を発表した。地元の企業も巻き込んでIT(情報技術)を使って日常の行動を変え、病気を予防する共同研究を始める。「縦割り」ではない仕組みをつくり、効果を出せる事業とする考えだ。

同社と東北大が同日、包括提携に関する協定書を交わした。まず口腔(こうくう)ケアで取り組みを始める。口の中を清潔に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]