2019年8月25日(日)

高円宮家三女の絢子さま婚約へ 会社員男性と

2018/6/26 12:08 (2018/6/26 13:52更新)
保存
共有
印刷
その他

宮内庁は26日、高円宮家の三女、絢子さま(27)が婚約されると発表した。お相手は日本郵船勤務の守谷慧さん(32)。7月2日に宮内庁が婚約内定を正式に発表し、お二人がそろって記者会見に臨まれる。結納にあたる「納采の儀」は8月12日、高円宮邸で、結婚式は10月29日、東京・明治神宮で催される。

春の園遊会に出席した高円宮家の三女、絢子さま(2017年4月、東京・元赤坂の赤坂御苑)

春の園遊会に出席した高円宮家の三女、絢子さま(2017年4月、東京・元赤坂の赤坂御苑)

守谷慧さん

守谷慧さん

絢子さまは高円宮憲仁親王(2002年11月死去)と高円宮妃久子さまの三女として、1990年9月に誕生された。16年に城西国際大学大学院の修士課程を修了、17年から同大福祉総合学部研究員として勤務されている。カナダの大学への留学経験もあり、現在は日本とカナダの友好親善団体、日加協会の名誉総裁なども務められている。

宮内庁によると、守谷さんは1986年3月生まれ。慶応大文学部を卒業後、2009年4月から日本郵船に勤務している。マラソンやトライアスロン、スキーなどを趣味にするスポーツマンだという。

婚約した高円宮家の三女、絢子さま(5月17日撮影)=宮内庁提供

婚約した高円宮家の三女、絢子さま(5月17日撮影)=宮内庁提供

お二人は絢子さまの母、高円宮妃久子さまの紹介で知り合った。久子さまは守谷さんの母親が専務理事を務め、途上国の子供たちを支援するNPO法人「国境なき子どもたち」の関連行事に毎年参加し、親交が深かった。守谷さんはその後、同NPO理事に就任。久子さまは福祉を学ぶ絢子さまが国際的な福祉活動に興味を持つきっかけになればと、守谷さんを紹介された。

高円宮絢子さまと婚約する守谷慧さん(6月9日)=宮内庁提供

高円宮絢子さまと婚約する守谷慧さん(6月9日)=宮内庁提供

高円宮家では次女の典子さん(29)が14年に出雲大社の神職、千家国麿さんと結婚。絢子さまは結婚後、皇室典範の規定で皇籍を離脱されることになるため、皇室は両陛下をはじめ、18人に減少。皇室の先細りがさらに進行することになる。

婚約の内定発表から結婚までの間には多くの皇室行事があり、一般の結納にあたる「納采(のうさい)の儀」で正式な婚約となる。

皇族の結婚を巡っては、宮内庁は17年9月、秋篠宮家の長女、眞子さま(26)と国際基督教大(ICU)の同級生、小室圭さん(26)の婚約内定を発表している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。