2018年11月15日(木)

渋滞解消へ米で新交通構想 ウーバーは空飛ぶタクシー
テスラ、シカゴで高速地下交通

2018/6/26 9:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シリコンバレー=白石武志】米国のテクノロジー企業と自治体が、都市の渋滞解消に向けた次世代交通構想を相次いで具体化している。ウーバーテクノロジーズがロサンゼルス市などと「空飛ぶタクシー」の実験を始めるほか、テスラ系のトンネル掘削会社もシカゴ市から高速地下交通システムの認可を受けた。米国で交通渋滞がもたらす経済的損失は年1600億ドル(約18兆円)にのぼるとの試算もあり、SFのような新交通構想の実…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報