2018年11月13日(火)

スパコン番付、米国が中国に代わり首位 12年以来

IoT
科学&新技術
2018/6/25 22:01
保存
共有
印刷
その他

年に2回、スーパーコンピューターの計算速度を競ってランク付けする「TOP500」の結果が25日、ドイツで開催中の国際会議で発表された。米国のスパコンが2012年以来の首位となり、13年から首位を保っていた中国のスパコンは2位に落ちた。日本のスパコンでは、産業技術総合研究所の人工知能(AI)専用スパコン「AI橋渡しクラウド(ABCI)」の5位が最高。

2011年に1位だった日本の理化学研究所の「京」は16位となった

首位となったのは米オークリッジ国立研究所の「サミット」。IBMが製造しており、1秒間あたりの計算速度は12京2300兆回。これまで最速の中国の「神威太湖之光」の同9京3000兆回を上回った。

米国のスパコンが首位に立つのは12年の「タイタン」以来。前回の17年11月の発表では中国のスパコンが1、2位を独占していた。今回のランキング上位10位以内には、米国が6者、中国が2者入っている。

スパコンの性能向上は早く、2011年に1位となった日本の理化学研究所の「京」は、今回16位となっている。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報