東芝、リチウムイオン電池増産 「選択と集中」第1弾

2018/6/25 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝はリチウムイオン電池の生産能力を現在に比べ5割増やす。自動車向けの需要拡大を見込み、国内工場に50億円近く投資する。稼ぎ頭の半導体メモリー事業を6月に売却したため、次の収益源の育成が必須。4月就任の新トップのもと事業選別の最中で、独自技術を持つ電池を注力事業に位置づける。

東芝はリチウムイオン電池を柏崎工場(新潟県柏崎市)で生産している。電池のセル数で月約100万個の生産能力を150万個に増…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]