2019年6月26日(水)
スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

畑岡、待望の米ツアー初V 飛躍へ大きな一歩

2018/6/25 18:25
保存
共有
印刷
その他

畑岡奈紗(19)が待望の米ツアー初優勝を果たした。参戦1年目の昨季は、19戦して決勝ラウンドに進んだのは7試合。賞金ランク136位とシード獲得には及ばず、最終予選会への再挑戦を余儀なくされた。ロングヒッターぞろいの米ツアーで飛距離を求めて焦り、一時は自分のスイングを見失った。

米ツアーで初優勝し、トロフィーを手に笑顔の畑岡=共同

米ツアーで初優勝し、トロフィーを手に笑顔の畑岡=共同

だがフラットになっていたスイングを軌道修正し、本来のショットを取り戻した。昨秋の日本女子オープンでは、史上初のアマチュア優勝を遂げた2016年大会に続く連覇を達成。移動距離の長い米ツアー転戦や異国の環境、芝質にも慣れたのだろう。今季は4試合でトップ10入り、5月のキングズミル選手権では2位に入っている。大山志保のバッグを長年担いだデイナさんをキャディーに起用。母・博美さんが同行しサポートしているのも心強いはずだ。

この大会では6年前に宮里藍が優勝。コースはアップダウンもあって距離は短く、日本人向きといわれる。森口祐子プロは「落ち着いて冷静にやっていた。アイアンショットでチャンスをつくり、強気のパットもよく入った」。3日間でボギーは初日の1つだけでバーディーを量産、後続を突き放した。「人と戦うのではなく、気持ちをうまくコントロールして自分のゴルフに集中していたと思う。もともとアイアンの切れ味は秀逸で、ポテンシャルは高い。2年目で、向こうの選手にもなじんだよう。2勝目、3勝目を期待させる圧巻のプレー」と話す。

筋力トレーニングの成果で、腰回りや太ももが1年前に比べぐっとたくましくなった。平均飛距離も昨季の251.12ヤード(85位)から263.27ヤード(26位)に伸びている。獲得賞金額はランク5位(64万2146ドル)に浮上した。

28日にはメジャー第3戦の全米女子プロ選手権(イリノイ州)が開幕する。世界の頂点を目指す畑岡が大きな第一歩を踏み出し、どんな戦いをするのか。今後の飛躍が楽しみだ。

(吉良幸雄)

保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

 女子ゴルフの24日付最新世界ランキングが発表され、畑岡奈紗は前週から1つ上げて5位となった。日本ツアーで2週連続優勝の鈴木愛は五つ上がり20位。比嘉真美子は40位、勝みなみは48位だった。
 1位の高 …続き (25日 18:12)

 男子ゴルフの23日付最新世界ランキングが発表され、松山英樹は28位から31位に後退した。今平周吾は72位、小平智は94位。
 1位ブルックス・ケプカ、2位ダスティン・ジョンソン(ともに米国)は変わらず …続き (24日 16:48)

米男子ゴルフのトラベラーズ選手権で優勝したチェズ・リービー(23日)=USA TODAY

 米男子ゴルフのトラベラーズ選手権は23日、コネティカット州クロムウェルのTPCリバーハイランズ(パー70)で最終ラウンドが行われ、37歳のチェズ・リービー(米国)が69で逃げ切り、通算17アンダー、 …続き (24日 9:20)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]