2018年11月19日(月)

習氏が誘う「金正恩三顧の礼」後の安倍首相公式訪中
編集委員 中沢克二

習政権ウォッチ
習政権
習政権ウオッチ
コラム(国際・アジア)
(1/3ページ)
2018/6/26 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

3月末からの短期間で北朝鮮の労働党委員長、金正恩(キム・ジョンウン)を3度も訪中させた中国国家主席の習近平(シー・ジンピン)。一見、これこそが米国防長官のマティスが6月15日、海軍大学の卒業式で指摘した最盛期の漢民族王朝の一つ、明朝(1368~1644年)をモデルにした周辺国の「朝貢体制」の復活に見える。

その実、金正恩はこの隣国への頻繁な「朝貢」を極めてうまく利用している。超大国である米国の大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

金正恩氏、視線は経済開発、習氏と2日連続会談[有料会員限定]

2018/6/20 21:53更新

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報